Synology NAS使用開始までのSTEP

SynologyのNASを使えるように設定をしていきましょう。
使用開始するまでには、次のstepを踏んでいきます。

そのままです。HDDをNAS本体に接続します。
NASの種類によりドライバーが必要なものと、必要でないものがあります。

SynologyNASのOSである、DSM(DiskStationManager)をインストールします。
インターネット接続環境が必要です。

DSMをインストールしただけでは、まだ保存する場所がありません。
ボリュームを作成するとは、HDDが使える状態にすることです。

ボリュームを作成すると、HDDが使える状態になりますが、その中にはまだフォルダがありませんので、ここでは元になるフォルダ(共有フォルダ)を作成していきます。

DSMをインストールする時に、管理者のアカウントは作成せれますが、管理者のアカウントでは全てのファイルが見れてしまい、設定も変えれてしまいます。その為、通常は色々な制限を加えたユーザーを作成します。

これまでの設定では、同じネットワーク(自宅内や会社内)での使用はできるようになりましたが、外からの接続はできません。
そこで、QuickConnectの設定を行うと、簡単に外から自宅や会社のNASに接続することができます。

SynologyのNASには便利なアプリをたくさんインストールすることができます。
自分にあったアプリを追加することで、より便利にNASを使用しましょう。

極力簡単に解説をしていきますので、めげずに頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

売れ筋ランキング

  1. 初期設定 〜DSMのインストール〜

  2. Synology NAS使用開始までのSTEP

  3. HDD取り付け 〜本体ネジ止め編〜

  4. HDD取り付け 〜カートリッジ編〜

  5. Synology NASの商品一覧

  6. 色々なデバイスとリアルタイム同期する Cloud Station

  7. そもそもDSMって何?

  8. NASの種類と違い

  9. NAS(ナス)って何?

ページ上部へ戻る