HDD取り付け 〜カートリッジ編〜

たいして難しくないですが、実際にHDDを取り付けていきましょう

HDDの取り付けに関しては、NASの種類によって、幾つかの種類が存在します。SynologyのNASには大きく3種類に分かれます。
ちょっと写真では分かりにくいですが、下記の3つです。

本体に直接ネジでHDDを取り付け、NASに装着

 


ドライバレスでカートリッジに取り付け、NASに装着

 


ネジでカートリッジに取り付け、NASに装着

 


今回は2番目にあたる”ドライバレスでカートリッジに取り付け、NASに装着”のパターンを行います。

このタイプの商品は以下になります。

  DS214  DS415play  DS416  DS415+

1番目の”本体に直接ネジでHDDを取り付け、NASに装着”タイプのHDD取り付け解説はこちらを参照ください。

カートリッジの取り外し

①初めに、全面のフタを外します。これはゴムで固定されているだけですので、手前に引けば外れます。
②本体に”push”と印字されているツマミを上方向に押しながら、カートリッジを取り外します。
③外したカートリッジです。




ここでは特に注意点はないですが、カートリッジを取り外す際に、無理に引っ張らずに”push”ツマミを確実に押し上げながら引っ張るようにしましょう。

HDDのカートリッジへの取り付け

④両サイドについている”pull”と印字されているガイドを取り外します。”pull”と印字されている部分を引っ張れば簡単に外れます。
⑤外した後です。
⑥写真のように、HDDのラベルを上にして、HDDのコネクタがカートリッジの取っ手部分の逆側になるように、スライドしてカートリッジに装着します。




 

⑦HDDを取り付けたら、今度はガイドを取り付けます。ガイドを取り外した時と全く逆に、取り付けます。
⑧これでHDDのカートリッジへの取り付けが完了です。



HDDのカートリッジへの取り付けの際には、ガイドに無理な力を入れなくてもキッチリと入ります。
無理な力をいれないと入らない場合は、HDDが正しい位置にない場合がほとんどですので、HDD側面のネジ穴と、カートリッジの横穴がずれていないかを確認してください。

カートリッジの本体への取り付け

⑨カートリッジの取っ手部分の”up”と書いてある箇所を上にして、カートリッジを挿入します。
⑩カートリッジの分だけ装着してほぼ完成。
完成・全面のフタを装着して完成です。



完成

こちらも無理に入らないことはありませんので、無理に押し込んだりはしないでください。
手順にするとたくさんありそうですが、あまり間違えることはないと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【祝】Synologyの日本法人「Synology Japan」設立! Synologyは2018…
  2. DSM(DiskStationManager)をNASにインストールしていきましょう。 …
  3. 最近パソコン関連ではよく耳にするNASって一体なんでしょう? NASとは、Network Atta…
  4. では、実際にHDDを取り付けていきましょう。 HDDの取り付けに関しては、NASの…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。