PCIeスロット装備の6ベイNASキット「DiskStation DS1618+」を発売

6ベイNASキット「DiskStation DS1618+」が発売になりました。

CPUには、Intel Atom C3538(クアッドコア 2.1GHz、64-bit、ハードウェア暗号化エンジ (AES-NI)搭載)を採用。
メモリはDDR4-2133 SODIMM 4GB x1を搭載し、メモリの拡張上限は32GB(16GB x2)まで拡張が可能です。
6ベイのストレージは、RAID 5(3ベイ) + RAID 5(3ベイ)、RAID 5/6(4ベイ) + RAID 1(2ベイ)の構成にも対応します。

eSATAポート x2に、オプションの5ベイ拡張ユニット「DX517」を2台増設することで、
16台のストレージ構成で最大192TBまでアップグレードが可能です。

ギガビット対応の有線LANポート x4 を搭載し、LinkAggregation(リンクアグリゲーション)有効時の転送速度は読み取りが1,550MB/s以上、書き込みが580MB/s以上のパフォーマンスを出します。その他に全面にUSB 3.0 x1、背面にUSB 3.0 x2を装備しています。

PCIeスロットに拡張ボードを入れてパワーアップ

デュアルM.2 SSDを2枚搭載できる拡張ボード「M2D17」で
M.2 SSDキャッシュを活かし最大スループットを上げて、ランダム性能を引き上げることができます。あるいは、10GbEネットワークボードを搭載して、動画編集やバックアップを快適にすることもできます。残念ですが、PCIeスロットは1本なので、どちらか一方の拡張しかできません。

中小企業向けに、ファイルサーバー機能、アプリケーションホスティング、データバックアップ、リアルタイムコラボレーションに使える完璧なオールインワンソリューションです。

本体サイズは282×243×166(幅×奥行×高さ)、重量5.05kg。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【祝】Synologyの日本法人「Synology Japan」設立! Synologyは2018…
  2. DSM(DiskStationManager)をNASにインストールしていきましょう。 …
  3. 最近パソコン関連ではよく耳にするNASって一体なんでしょう? NASとは、Network Atta…
  4. では、実際にHDDを取り付けていきましょう。 HDDの取り付けに関しては、NASの…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。